弔う

葬儀とは、死者を弔うために行われる儀式です。
葬儀の様式は、宗教によって様々です。宗教によって様式が変わることや、個人の価値観が深く影響することから、儀式の内容は様々だと言えます。

遺体が搬送されてからお通夜までの間は、枕飾りを整えて安置します。また、この時に葬儀について必要な打ち合わせを行っていきます。
打ち合わせが終わったら、納棺をするまでに遺族がお別れをします。
これらのことを踏まえると、葬儀はお通夜から始まるとは断言できません。葬儀とは死者を弔うための一連の儀式です。そのため、お通夜から始まるのではなく、死亡が確認された直後から儀式が始まっていると言うこともできます。

その後、お通夜や告別式が行われます。神式とキリスト教と無宗教では、儀式の行い方にも違いがあります。
告別式が終わると、出棺となります。その後は火葬が行われ、火葬後には骨上げと呼ばれる儀式が待っています。

骨上げが終わった後は、遺骨と位牌と遺影を安置して還骨法要が行われます。
その後は、初七日の法要や精進落としなどが行われます。ここまでが、一般的な一連の流れとなっています。
この後は、四十九日の法要まで特にすることはありません。遺品整理をしたり、墓石に納骨をするのは四十九日を迎えてからというケースもわりと多いです。

おすすめサイト

遺品買取を依頼するなら大阪で人気の|リサイクルリフォーム